文源庫 TOPページへ  
文源庫の出版物 遊歩人 遊歩人
川又千秋の三百字小説 その他 お問合せはこちらから

最新号表紙 最新号目次 ご購入のご案内 ●月刊遊歩人とは バックナンバー


●ご愛読いただいた皆様へ
■月刊遊歩人からご愛読いただいた皆様へメッセージです。こちらからご覧下さい。

■ただ今、読者の皆様にアンケートをお願いしています。こちらからアクセスして下さい。
●遊歩人最新号表紙 (2009/10/05 発売)
遊歩人最新号表紙

●遊歩人最新号目次 (2009/10/05 発売)
遊歩人最新号目次

●ご購入のご案内
月刊遊歩人のご購入にはいくつかの方法がございます。
 
オンデマンドプリントを購入する

●月刊遊歩人とは

■ebook‐salon『遊歩人』は、「新しい本」です。

 本は、時代とともにその形を変えてきました。
 時を越えて、世代を越えて技術や情報、先人の叡智や知識、知見を後世の人々に伝えるために、本は誕生したのです。内容は多種多様です。しかしそれは、中身だけにとどまりません。本のスタイルも変わり続けてきました。上製本、並製本、雑誌、新書、文庫と、その種類は、その時代を反映しつつ増え続けています。
そして21世紀を迎えた今日、パソコンが各家庭に普及し、インターネットのネットワークがどんどん広がってきました。本や読書のスタイルまでもが、大きく変わろうとしています。そのわかりやすい例が、「イーブック」や「ブックオンデマンド」といった?新しい本?を作っていこうとする流れです。本を作るだけのデータさえあれば、直接電子機器を使ってデータを読めるようにした「イーブック」、そして、たった一冊からでも、データを利用して本を作っていくという「ブックオンデマンド」、この二つの潮流が本格的に動き始めたのです。
 ebook‐salon『遊歩人』は、この変化に対応して産声を上げた「新しい本」です。

■ebook‐salon『遊歩人』は、「いつまでも読むことができる本」です。

 本の形の変化は、印刷技術の進歩と同じ歩みを続けています。
 印刷は、これまで大量に商品を製造することを目的にとして発展してきました。これは、印刷物が情報や文化の伝達の手段として最良の方法であったためです。しかし、時代の流れとともに、この前提が揺らぎつつあります。この前提が揺らいだ今、「イーブック」や「ブックオンデマンド」のシステムやサービスが必要となってきたのです。
 現在の印刷は、紙にインクを載せて刷るという印刷機の工程以外は、コンピュータによるデジタル技術で行われています。ここでできたデータを利用して、パソコンなどの電子機器で直接読む「イーブック」が可能になりました。そして、大量生産ではなく、必要なときにたった一冊の本を作るためのシステムとして、「ブックオンデマンド」もまた、本の形態のひとつとして加わりました。
 この二つの新たな“造本システム”により、ebook‐salon『遊歩人』は、たとえ在庫がなくても、ほしい人に必ず読んでいただける本としてあり続けることができます。

■ebook‐salon『遊歩人』は、「新しい本」の可能性を追求します。

 ebook‐salon.comとebook‐print.comの二つのサイトは、これまでの印刷技術に基づき、「イーブック」や「ブックオンデマンド」の情報を提供し、実際に体験していただくことを目的として開設いたします。ebook‐salon.comは、このシステム全体のトップページとしての機能と「イーブック」配信を、ebook‐print.comは、「ブックオンデマンド」を提供いたします。
 ebook‐salon『遊歩人』は、二つのサイトの中で「イーブック」や「ブックオンデマンド」をより具体的に体験していただく本として創刊されました。しかし、内容は創刊号をお読みいただければ分かりますが、面倒な技術情報はありません。
 知ってほしいことは、技術の内容ではなく、「イーブック」や「ブックオンデマンド」の将来の可能性にあるからです。執筆いただいた著者の方、これをお読みになっていただく読者諸氏、このプロジェクトに参加いただけるすべての方と、この「新しい本」の世界を作り上げたい、これが私たちの願いです。

●バックナンバー
バックナンバーはこちらの一覧ページからどうぞ。

文源庫